2019.3.18 鳥居原ふれあいの館から南山 ハイキング記録


 去年の12月、石砂山の頂上から仏果山の左に見えた山を調べると南山だった。南山が宮ヶ瀬ダムを隔てて東丹沢の展望を望めることは知っていたが、3時間ぐらいの半端なコースで蛭が多いといわれており、見送ってきた。1月に腰を痛め、治っても以前と同じ状態には戻っていないので、今の身体の状態なら丁度良いと思い、鳥居原(とりいばら)ふれあいの館から登って半原に下り、本厚木で昼食を摂る計画を立てた。

 最高点の権現平からの展望は南から南東に限られていたが、南山からは南方のほか東方も北方も展望が利き、大山、蛭、小金沢、大菩薩の右に甲武信岳付近が見えた。権現平への登りの途中で、間ノ岳かと思われる白いピークが見えたが、樹の間であり、権現平から見えると思ったので写真を撮らなかったのは残念だった。

 3時間ぐらいと思っていたが、南山の下りで、あいかわ公園の中を通る短いコースを採っても、半原のバス停まで正味3時間32分かかった。


ネットに出ていた二万五千分の一地図の部分コピー


参加者 2人(本人83歳)


コースと時間
2019.3.18(月) 橋本―鳥居原ふれあいの館―権現平―南山―あいかわ公園―半原―本厚木  快晴

橋本(7:31〜7:55)―鳥居原ふれあいの館 320M(8:41〜8:49)―休憩(9:27〜9:34)―権現平 569M(10:20〜10:25)
―南山 544M(10:55〜11:28)―韮尾根とあいかわ公園の分岐 11:50―あいかわ公園トイレ(12:27〜12:29)
―あいかわ公園を出る12:50―半原 170M(13:08〜13:20)―本厚木14:00
       行動H 4H19 歩行3H32 休憩47

概況

 橋本駅北口を7:55に出たバスは、三ヶ木、関を通り、鳥居原ふれあいの館に8:41に着いた。宮ヶ瀬ダムと周辺の道路が出来る前はバスの終点は一つ手前の鳥屋(とや)であった。私は1958.01と1959.11に蛭から焼山を経て鳥屋に下ったことがある。現在この下山ルートは点線になっており、一般ルートは西野々に下るように変わっている。鳥居原ふれあいの館は開館前の準備中で屋外に野菜などを並べ始めていた。

 この日は雲一つない快晴で、橋本から蛭ヶ岳が見え、バスが進むにつれて山の形が大きくなっていったと思うが、バスの中からでは様子がわからなかった。

 鳥居原ふれあいの館から湖岸道路を進むと、10分も歩かないうちに登山道入り口があった。38分歩いて小休止し、暫く歩いて行くと、西側の樹の間に滝子山と小金沢、大菩薩が見え、その右に奥秩父が見えた。帰って調べると甲武信岳の付近らしい。滝子山の左に白い山が見えたが、山の形からすると間ノ岳のようであった。この付近の500M位の山から南アルプスが見える山が他にあるのかどうか知らないが、珍しいと思った。権現平から展望が利くらしいので上に行けば良く見えると思って写真を撮らなかったのは残念だった。

 権現平に到着する手前は南側の斜面で温かいらしく、ウグイスカズラとタチツボスミレを見つけた。木の枝の蕾は膨らんだばかりで葉の出る前の状態であるが、花はもう咲き始めている。この辺りで登山道を整備する人が二人、追い越して行った。

 権現平の頂上から展望が開けているのは南方だけで、見えたのは、大山、仏果山、宮ヶ瀬ダムの水門、厚木の市街であり、横浜のランドマークタワーは見えたが、スカイツリーは良く分からなかった。登山道を整備する人に聞くと、南山の方が展望が開けているというので、小休止して、先を急いだ。

 南山の頂上からは南方のほか東方、北方の展望も開けていたので、望遠レンズをつけて蛭の写真を撮った。蛭の頂上の下に馬の形が現れるのは、頂上の直下の左の沢だという説明板があった。小金沢連嶺と大菩薩も望遠で撮ったが、奥秩父は枯葉に邪魔されて写真が撮れなかった。南山からは南アルプスは見えなかった。頂上は陽光を受けて暖かく、同行者が持参したコーヒーを飲み、お菓子を食べた。

 頂上から22分下ったところに韮尾根とあいかわ公園の分岐があったので、あいかわ公園の方に下った。この分岐は2007年の昭文社の地図には出ていない。この先で登ってきた中年の夫婦に出会った。この日に出会った登山者はこの二人だけだった。その先は階段が多い下りで、標高差も権現平への登りより多い。次の分岐で花の森の方へ行き、トイレを使い、森の渡り橋を通って、工芸工房村、郷土資料館の前に出た、両方とも月曜日で休館だった。ここからエレベーターがあったので下に下り、ふわふわドームのところで、管理人にバス停へ行く最短コースを教えてもらい、公園を出た。あいかわ公園は面積が広く、施設が整っており、各種の花も植えられている。シロツツジが咲き始めていた。月曜日だから人出が少なかったと思うが、公園には50人以上の人は来ていたようだ。

 あいかわ公園の境界の外に、ヒュウガミズキとダンコウバイが咲いていた。権現平と南山の間ではキブシの花も見つけた。山の中では見なかったが、民家の庭にはミツマタも咲いていた。

 今日のコースは正味212分かかった。鳥居原ふれあいの館から権現平まで84分、権現平から南山まで30分、ここまでは昭文社の地図の時間より20%多くかかった。南山からあいかわ公園を通過し出口まで80分、その先は半原バス停まで18分。半原からは13:20のバスに乗り、本厚木に14:00に着いて少し遅い昼食を摂って帰った。



権現平から宮ヶ瀬ダム

南山頂上から棚沢ノ頭、蛭ヶ岳、300ミリズーム 

南山頂上から小金沢連嶺と大菩薩、300ミリズーム

南山頂上から経ヶ岳、仏果山、高取山、大山

.南山頂上から大山、三ノ塔、丹沢山、本間ノ頭、蛭ヶ岳、300ミリズーム

あいかわ公園の外、マンサク科ヒュウガミズキ

あいかわ公園の外、クスノキ科ダンコウバイ


トップページ 海外の山 国内の山 水泳 マラソン その他